妊娠初期症状(兆候)から
妊娠中・出産後の症状まで
気になる症状をスッキリ解決
妊娠中や出産後に起こりやすいマイナートラブルをしっかりサポート!
つわりにはどのような症状があるの?
HOME

 つわりの症状の程度や期間には個人差があり、人によってはまったく感じない事もあります。一般的には朝起き掛けのお腹が空いた時に、最もひどい症状が出るといわれています。通常は12〜16週目くらいで治まりますが、臨月まで続く事もあり、半年以上つわりと付き合わなければならない人もいます。つわりの主な症状には以下のようなものがあります。


○ 匂いに敏感になる
 つわりといえば「ご飯の匂いが苦手」というイメージがありますが、これは人によって異なります。自分が使っていたお気に入りの香水が苦手になる事もあります。

○ 今まで好きだった食べ物が苦手になる
 つわりの間は一時的に味覚が変わりやすく、今まで好きだった食べ物が一切食べられなくなる事もあります。つわりが終われば元に戻ります。

○ 特定の食べ物だけを食べたくなる
 つわりの間は食べられるものが少なくなるため、同じものばかりを食べてしまいがちです。この時期は栄養面よりも、とにかく何かを口に入れることが大切です。

○ ムカムカし吐き気が止まらない
 特にお腹が空いた時には、ムカムカしたり吐き気がしたりします。ビスケットなど、簡単につまめるものを用意しておくとよいでしょう。

○ 断続的に頭痛がする
 妊娠中はストレスや寝不足など、頭痛を悪化させる原因がたくさんあります。無理をせず休める時に休むようにするなど、疲れをためない生活を心掛けましょう。

○ つねに眠い
 体が常にだるく、眠気に襲われる人もいますが、これは体が休息を求めている証拠でもあります。無理をせず体を休めるようにし、眠たい時はしっかり寝るようにしましょう。

○ 唾液がたくさん出る
 人によっては唾液がたくさん出る事があり、口の中が気持ち悪く感じます。常に喉が渇いたような症状の人もいるようです。水分は好きなだけとっても大丈夫です。

○ 食欲がなくなり食べられない
 食欲がない時は無理に食べる必要はありません。食べられる時に食べたいものを食べるようにしましょう。ただし水分はしっかり補給しましょう。

○ 何かを食べていないと気持ちが悪くなる
 常に何かを口にしていないと気持ちが悪くなる事があります。無理してやめようとしてもストレスがかかるだけなので、食べたいものを食べるようにしましょう。体重管理はつわりが終わってから始めるようにして下さい。


   胎教に使えるディズニーCD&DVD無料プレゼント中!



 妊婦さんにはWプレゼント!資料請求するだけで素敵なプレゼントがもらえるよ!
こどもちゃれんじbaby資料請求


頭部のトラブル 顔部のトラブル 胸部のトラブル 腹・腰部のトラブル 下腹部のトラブル 泌尿生殖器・でん部のトラブル 足部分のトラブル その他のトラブル  

  妊娠初期症状とは?

  妊娠初期と月経の遅れ

  妊娠初期の心と体の変化

  妊娠初期の基礎体温変化

  つわりはどうして起きるの?

  自分に合った対処法を見つけよう

  つわりがひどい時は産院へ行きましょう


 
Copyright(c)2006. 妊娠症状スッキリガイド All rights reserved