妊娠初期症状(兆候)から
妊娠中・出産後の症状まで
気になる症状をスッキリ解決
妊娠中や出産後に起こりやすいマイナートラブルをしっかりサポート!
妊娠初期の基礎体温の変化
HOME

 基礎体温とは、人間が生きていく上で必要最低限のエネルギーしか使っていない時の体温をいいます。つまり睡眠中が基礎体温として最適ですが、睡眠中は体温を測ることができないので、朝に目覚めた直後の布団の中で安静にしている時の体温を基礎体温計で測ります。

 この基礎体温を毎日測って折れ線グラフにすると、多少のギザギザはあるものの一定の周期でラインが上下している事がわかります。妊娠していない健康な女性の基礎体温は、低温期と高温期に分かれています。月経から排卵日までが低温期、排卵から2週間ほどが高温期となり、体温が下がると再び月経の始まりとともに低温期になりますが、妊娠した時は基礎体温が下がらずそのまま高温期が続くようになります。

 これは体温を上げる黄体ホルモンによるもので、黄体ホルモンは子宮内膜を厚くして受精卵の着床を助ける働きがあります。受精卵が無事着床した時はさらに黄体ホルモンの分泌が続き、受精卵を保護するようになります。このような理由から、通常2週間で終わる高温期が3週間以上続いて月経が来ないようであれば、妊娠している可能性が高いといえるでしょう。


   胎教に使えるディズニーCD&DVD無料プレゼント中!






頭部のトラブル 顔部のトラブル 胸部のトラブル 腹・腰部のトラブル 下腹部のトラブル 泌尿生殖器・でん部のトラブル 足部分のトラブル その他のトラブル  

  妊娠初期症状とは?

  妊娠初期と月経の遅れ

  妊娠初期の心と体の変化

  つわりはどうして起きるの?

  つわりにはどのような症状があるの?

  自分に合った対処法を見つけよう

  つわりがひどい時は産院へ行きましょう


 
Copyright(c)2006. 妊娠症状スッキリガイド All rights reserved