妊娠初期症状(兆候)から
妊娠中・出産後の症状まで
気になる症状をスッキリ解決
妊娠中や出産後に起こりやすいマイナートラブルをしっかりサポート!
妊娠初期症状(兆候)
HOME


 妊娠の初期症状にはどのようなものがあるの?

 月経の遅れから妊娠に気付く事が多いですが、妊娠初期はホルモンバランスの変化によって心と体にさまざまな変化が現れるようになります。起こりやすい妊娠のサインには以下のようなものがあります。


○ なんとなく便秘がち
 妊娠するとホルモンバランスの影響で腸の動きが鈍くなるため、便秘になりやすくなります。子宮が腸を圧迫する事も原因の1つとなります。

○ お腹や腰が張る
 妊娠により一回り大きくなった子宮が、腸や膀胱を圧迫するようになります。そのためお腹や腰が張っているような感じになります。

○ 乳頭が敏感になりチクチクする
 妊娠するとホルモンの影響により乳頭が敏感になる事があります。そのため下着や洋服に触れたりすると、こすれて痛みを感じることがあります。ただしこれには個人差があり、感じない人もいます。

○ 胃がムカムカする
 早い人であれば月経の遅れと同時に胃のもたれや吐き気、胸のムカムカ感、匂いに敏感になるなどの症状が現れるようになります。

○ 体が熱っぽい
 妊娠初期は基礎体温の高温期が長く続いているために体が熱っぽくなり、風邪をひいたのかな?と勘違いする事があります。

○ 肌が荒れる
 妊娠中はホルモンバランスの変化により、肌が荒れたり、シミ・ソバカスが目立ったり、化粧ののりが悪くなったりすることがあります。

○ おりものの量が増える
 妊娠中はホルモン分泌の影響で、膣内の分泌物が増えるようになります。おりものは乳白色で粘りがありますが、強い匂いなどはありません。

○ いつもだるい・眠い
 普段活動的な人でも、この時期は無性に眠くなったり、なんとなく体のだるさを感じるようになります。

○ 精神的にイライラする
 妊娠初期はホルモンバランスの影響で、急に泣きたくなったり、怒ったり、落ち込んだりと、自分でも理解できないような情緒不安定になる事があります。


   胎教に使えるディズニーCD&DVD無料プレゼント中!







頭部のトラブル 顔部のトラブル 胸部のトラブル 腹・腰部のトラブル 下腹部のトラブル 泌尿生殖器・でん部のトラブル 足部分のトラブル その他のトラブル  

  妊娠初期と月経の遅れ

  妊娠初期の心と体の変化

  妊娠初期の基礎体温変化

  つわりはどうして起きるの?

  つわりにはどのような症状があるの?

  自分に合った対処法を見つけよう

  つわりがひどい時は産院へ行きましょう


 
Copyright(c)2006. 妊娠症状スッキリガイド All rights reserved