妊娠初期症状(兆候)から
妊娠中・出産後の症状まで
気になる症状をスッキリ解決
妊娠中や出産後に起こりやすいマイナートラブルをしっかりサポート!
妊娠検査薬って何?
HOME

 妊娠検査薬は1分間で簡単にわかる検査キット

 妊娠検査薬と聞くと特殊な薬のようにも聞こえますが、尿をかけて使う検査キットの事をいいます。検査キットの採尿部に尿を3〜5秒ほどかけて1分待つと判定窓に妊娠陽性の場合は線が表示され、妊娠陰性の場合は何も表示されないようになっています。色々なメーカーから発売されていますが、どのメーカーも使い方や検査精度、使用開始時期はほぼ同じです。


 妊娠の早期発見の重要性

 もし妊娠していたとすると、生理予定日ごろはすでに妊娠4週目にあたります。このころから妊娠15週目(妊娠4ヵ月)ごろまでの妊娠初期は、胎児の脳や心臓などのいろいろな主要器官ができ始める重要な時期で、胎児が外からの影響を最も受けやすい時です。従って、妊娠しているかどうかをできるだけ早く知り、栄養摂取や薬の使用に充分に気をつけるとともに、飲酒、喫煙、風疹などの感染症や放射線照射(レントゲン)などを避けることが、胎児の健全な発育と母体の健康のためにとても大切なのです。


 どうして妊娠がわかるの?

 妊娠をすると、女性の体の中ではお腹の中の赤ちゃんを育てようとする機能が働くようになります。その変化の1つとしてhCG(human Chorionic Gonadotropin: ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)と呼ばれるホルモンが胎盤(おなかの中の赤ちゃんとお母さんの間で栄養分などを通すパイプ役)でつくられ始め、尿中に排泄されるようになります。妊娠検査薬はこのhCGホルモンを検出し、妊娠を判定するのです。


 

  妊娠検査薬の使い方

  妊娠検査薬の反応(陽性・陰性)

  いつから妊娠検査薬は使えるの?(生理予定日からの反応時期)

  妊娠検査薬Q&A


 
Copyright(c)2006. 妊娠症状スッキリガイド All rights reserved